病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
個人情報保護方針
情報公開
バリアフリー情報
契約公開
入札情報(薬品管理システム、立位dr・撮影台)

東2階病棟(回復期リハビリテーション病棟)

 東2階病棟は回復期リハビリテーション病棟として44床で構成されています。当院では365日体制で集中したリハビリテーションを行っており、日常生活動作の向上、寝たきり防止や在宅復帰・社会復帰を目的として、退院後に皆様が地域において継続した医療・サービスが受けられるよう、職員全員が一つのチームとなり支援いたします。

 

回復期リハビリテーション病棟の看護基本方針 image9-2

 

○   食事・整容・排泄・入浴・更衣など生活の質向上を目指します

○   二次的合併症を予防し安全対策を徹底します

○   多職種と情報の共有化を推進し、患者様に適したリハビリテーションの計画を立てます

○   安全に外出・外泊ができるように具体的に計画します

○   早期に退院計画を立て、患者様・ご家族様への指導や諸サービスの

 適切な活用に向けて支援します

 

全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会看護研修会 参考

 

入院対象疾患

○   脳血管疾患、脊椎損傷などの発症後2ヶ月以内

○   多肢の骨折、大腿骨、骨盤、股関節などの骨折もしくは手術後2ヶ月以内

○   外科手術、肺炎などの治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術後または発症後2ヶ月以内

(廃用症候群:長期安静臥床によって起こる様々な心身機能が低下した状態)

○   大腿骨、骨盤、脊椎、膝関節・股関節などの神経、筋または靭帯損傷後1ヶ月以内

 

在宅復帰支援について

退院前自宅訪問

 看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・社会福祉士・介護支援専門員等で患者様の自宅を訪問し、住宅改修や退院に向けてのご相談をいたします。早期に訪問することにより、退院後の生活を想定した練習を効率よく行うことを目的に実施しています。

退院計画・ケア会議

 患者様・ご家族様を中心に、担当看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・社会福祉士が介護支援専門員等を交えて介護サービスの内容や注意点などを話し合い、退院後も患者様が安心して生活を送ることができるように支援します。

 

リハビリテーションについて

 専従の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が配置され、看護師・介護福祉士・療養介助員と協力しリハビリテーションを実施しています。

 また、認知症の患者様にも『イキイキ』『ワクワク』過ごして頂くために、レクリエーションも行っております。

image10

 

 

 

看護課トップページへ

PageTop