病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
個人情報保護方針
情報公開
バリアフリー情報
契約公開
入札情報(薬品管理システム、立位dr・撮影台)

骨密度測定

特 徴
検査時間は、約10分です。
被検者のポジショニング時に便利なスイングアーム機能を採用しています。
腰椎正面、大腿骨、Dual Femur、前腕骨などの豊富なアプリケーション
ソフトウエアを備えています。
OneScan機能により脊椎・大腿骨を同時に高速測定が可能です。
X線照射の際、拡大誤差がない低被曝のスマートビーム方式を採用して
います。

測定部位
腰椎正面、大腿骨、前腕骨の骨密度を測定します。
現在、骨粗鬆症の診断および治療効果の判定に最も多く使用されているDXA法(デキサ法:二重エネルギーエックス線吸収測定法)を用いた骨密度測定装置です。

kotumitu
 

一般撮影装置・
X線TV装置

CT

MRI

マンモグラフィ

 

 
PageTop